結婚準備 > お日柄

六輝

六輝(ろっき)とは、暦に記載される暦注(れきちゅう)の一つで、先勝友引先負仏滅大安赤口の6種の日。物事を行う日取りを選ぶ吉凶を占うために用いられている。六輝は元々六曜(ろくよう)と言われていたが、主に七曜が利用されるようになったことから、これと区別するために六輝と言われるようになった。

mone>>

六曜

六曜(ろくよう)→六輝

mone>>

先勝

六輝六曜)のひとつ。「先んずれば勝つ」の意味。何事も急いで早く事を行うと良いとされる日。午前中は吉、午後は凶とされる。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。「せんかち」「せんしょう」が一般的な読みだが、「さきかち」ともいう。

mone>>

友引

友引(ともびき)とは、六輝六曜)のひとつ。結婚式などの慶事には大安に次ぐ吉日で、朝晩は吉だが正午は凶とされる。本来は陰陽道で先勝先負の間に入って勝負なしの日という意味。いつのまにかその意味を取り違えて「友を引く」ということで、葬式・法事を行うと、友が暝土に引き寄せられる(すなわち死ぬ)との迷信が生まれ、葬儀を避けるようになる。一方、結婚式には「友を引く」として喜ばれる。陰陽道では別に「友引日」というものがあり、その日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとされる。これが六曜友引と混同されたものと考えられている。

mone>>

先負

先負(せんぶ)とは、六輝六曜)のひとつ。「先んずれば負ける」の意味。先勝とは逆に午前が凶、午後が吉とされる。万事において平静であることが良いとされ、急用や勝負事は避けるべきとされる。結婚式やお祝い事は午後から行うのが良いとされる日。かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていた。「せんまけ」「せんぷ」が一般的な読みだが、「せんぶ」「さきまけ」ともいう。

mone>>

大安

大安(たいあん)とは、六輝六曜)のひとつ。「大いに安し」の意味。万事において終日吉とされており、すべてが穏やかに運ぶ大変おめでたい日。六曜の中で最も吉の日とされる。特に婚礼は大安の日を好んで行われることが多い。予約も集中しやすいので、大安を希望するなら早めの行動が必要。「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」ともいう。かつては「泰安」と書いていた。

mone>>

仏滅

仏滅(ぶつめつ)とは、六輝六曜)のひとつ。物事が滅する日の意味で、すべて凶である日とされる。結婚式などの慶事は避けたほうが良いとされる日。仏滅の日は会場も空いていることが多く、割引プランを設定しているところもある。

mone>>

赤口

赤口(しゃっこう)とは、六輝六曜)のひとつ。陰陽道の「赤目日(しゃくぜつにち)」という「余計なことを言って疑いをかけられる」という意味の凶日に由来する。一般的に厄日とされ、何事も避けたほうが無難な日。特に祝い事には大凶とされている。午(うま)の刻(正午を中心とする2時間:11時~13時まで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。赤口神という鬼神が人々を悩ます日といわれることから厄日とされる。赤口神が休むという午の刻だけが吉とされる。赤は血や火を連想するため、火の元や怪我に注意しろともいわれる。六曜の中では唯一名称が変わっていない。「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」とも読む。

mone>>

[ 戻る ]

結婚準備/お日柄をショッピング検索

結婚準備/お日柄をサイト内検索

結婚準備/お日柄を外部検索