男性衣裳 > 和装

紋付

紋付(もんつき)とは、(1) 家紋がついていること、また紋そのもの。(2) 家紋をつけた礼装用の和服のこと。紋服ともいう。

単に紋付と言えば、慣用的に男性の和装第一礼装である五つ紋の黒の紋付羽織袴を指す。女性用で紋の付いた着物は、留袖打掛色打掛、喪服など細分化された名称に、「紋付の~」「五つ紋の~」といった形容詞を合わせて表現することが多い。

紋付には、五つ紋・三つ紋・一つ紋などがある。背紋(背中)・袖紋(両袖)・抱き紋(両胸)の五つ紋が最も格式が高く正式なもので、三つ紋(背紋と袖紋)、一つ紋(背紋のみ)と紋の数が減るにつれて略式になる。染め抜き紋が正式で縫い紋は略式。

紋の起源は平安時代の公家社会で装飾用に用いられてものが始まりとされ、平安末期から鎌倉時代の武士文化の始まりと共に、旗印として紋を作り敵味方を区別する紋章として用いるようになった。また身分や階級を表す意味も含まれるようになる。江戸時代になり泰平の世となって、商人をはじめとする庶民が台頭していくにつれ、江戸時代中期には有力な商人や富農は屋号という形で苗字を名乗るようになり、それに合わせて自分たちの目印として家紋を作るようになる。明治になり封建政治時代が終わると、庶民にも苗字や家紋を持つことが許されるようになる。

紋付をショッピング検索

紋付をサイト内検索

紋付を外部検索