和装 > 髪型

(かんざし)とは、着物を着たときに髪に挿す飾りの一つ。古代には髪に生花を挿し、これを挿頭花(かざし)と呼んでいた。奈良・平安時代には釵子(さいし)といい金、銀、銅などの棒を折曲げた二本足のものとなる。鎌倉・室町時代になるにつれ女性の髪かざりとして発展し、江戸時代に日本髪結びが複雑になるに合わせて、より装飾的なものとなっていく。「かみさし」がなまってかんざしとなったという説がある。

のことを(こうがい)とも呼ぶ場合があるが、実は別のものである。に耳掻きをつけたものが源流とされる。白無垢の時はべっこうの簪、色打掛では華やかなさんごに真珠や金の細工がされたものなどがよく使われる。

簪をショッピング検索

簪をサイト内検索

簪を外部検索