和装 > 髪型

(こうがい)とは、髪に挿す飾りのこと。細長い棒状で、両端もしくは片端を長方形に少し太くしたような形をしているのが一般的。先方の尖っているはかゆい時に髪を掻く「髪掻(かみかき)」から派生したもの。武士は普段は脇差の鞘に挿しており、主に頭を掻いたり櫛の代わりに用いた。

また民族的にみると、女性にとっては、笄をさすことは大人の女性の証であるとされていた。主な挿し方は2種類あり、髪をまきつけ水平に挿し、乱れた髪を整える道具として用いられたケースと、江戸時代以降、装飾的に利用されたケースがあげられる。材料も竹、鯨のひげ、べっこうなどが使われ、蒔絵(まきえ)を施すなど装飾性の高いものになっていく。 挙式時の白無垢には気品のあるべっこう製のもの、色打掛では華やかな珊瑚や真珠製のものがよく用いられる。

笄をショッピング検索

笄をサイト内検索

笄を外部検索