挙式 > 種類

神前式

神前(神社)で行う挙式スタイルのこと。神社のほか、ホテル・式場に設けられた神殿で行われる。式に参列できるのは親族だけなのが一般的だが、友人が列席できるところもある。神前で杯を交わし、結婚を誓い、結婚を先祖の神々に報告する。雅楽の演奏や舞が入るところもある。

今日のような神前式の始まりは、明治33年に大正天皇のご成婚を記念して日比谷大神宮(現大東京神宮)で行った結婚式が始まりと言われ、実は歴史は浅い。元々は古く室町時代の武家の結婚式が起源とされる。古来結婚の儀式は、各家の床の間に祀られた神様の前で行われ、夫婦の契りを結び固めた。明治時代以降は、結婚式は床の間での儀式から、神社での神前式へと姿を移して行く。神前式の神様は、一般的なのは夫婦円満の神様で、天照大神(あまてらすおおみのかみ)の親とされている伊弉諾(イザナギ)・伊弉冉(イザナミ)二柱の神様が祀られる。

神前式をショッピング検索

神前式をサイト内検索

神前式を外部検索