結納 > 書類

目録

目録とは結納品の内容を記したもの。「茂久録」とも書かれる。結納品を贈る側が用意し、結納の際に結納品と一緒に贈られる。一方受け取った側は受領の証として「受書」を返す。目録は薄い白木の板で作られた献上台の片木盆(へぎぼん)に結納品結納金と共に載せて取り交わす。目録結納品を購入した際に付いてくる場合が多く、日付・名前等を記入すれば良いだけになっている。結納に合わせて、家族の名前を記した「家族書」および親族の名前を記した「親族書」を交換する習慣もある。

目録は奉書を2枚重ねにして半分に折り、わを下にして毛筆で書く。宛先は一般的に親名義だが、最近は本人名義の場合もある。表書きは目録もしくは寿と書く。文末には句読点を打たない。日付は「平成○○年○月吉日」と、明確な日にちではなく吉日と記す。本来、目録は納品書のようなものなので水引を掛けなくても良いのだが、実情では水引を掛けた目録が一般的である。

目録に記載する内容は、具体的な結納品名と個数を列記するが、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、勝男武士(かつおぶし)などと当て字の雅語で書く。結納金は、男性側から女性側に贈る際は、「御帯料(おんおびりょう)」「小袖料」「帯地料」などと書き、受書も同じ表記をする。女性側から男性側に結納金を贈る場合は「御袴料(おんはかまりょう)」(受書も御袴料)と書くのが一般的。

婚約指輪や時計などの結婚記念品を贈る場合は同時に記載し、指輪は「優美和(ゆびわ)」、時計は「登慶・十慶(とけい)」などと当て字される。なお、婚約指輪結納金の一部に含まれるので、男性からは「御帯料壱封結美和付」、女性から記念品として男性に時計を贈る場合は「御袴料壱封登慶付」などと表記しても良い。

結納 > 書類
目録  受書  釣書  家族書  身上書  親族書

目録をショッピング検索

目録をサイト内検索

目録を外部検索