和装 > 種類

留袖

留袖(とめそで)とは、既婚女性の第一礼装。地色が黒のものを黒留袖、黒以外の地色のものを色留袖と呼び、いずれも同格の礼装留袖には裾と袂の下の部分だけに模様がある。主に慶事に着用されるため、裾に配される模様も吉祥文様(きっしょうもんよう)・松竹梅・鶴亀・御車など、縁起のいい柄が描かれている。また、金銀の刺繍や箔など豪華絢爛な技法が併せて施されているものもある。

留袖は、黒地に染抜日向紋(そめぬきひなたもん)の五つ紋(背紋一、前身頃の抱き紋二、両後ろ袖に紋二の染め抜きの五ヶ所に家紋が入る。)。生地は一越縮緬(ひとこしちりめん)などの地紋のないものを用いる。黒は、白地に紅や藍の色を何度もかけて染め上げて黒色に深める。

留袖は、別名「江戸褄(えどづま)」や「裾模様」とも呼ばれる。これは着物の左右の裾の部分(褄)のみに模様を配するという柄付けに由来する。黒の紋付が女性の礼装となったのは明治末期からで、昭和以降、特に戦後になってから第一礼装として確立した。現在では、結婚式で親族や仲人夫人などが黒留袖礼装として着用する。

宮中では、黒は喪の色として忌まれることから、五つ紋付に比翼を付けた色留袖も既婚女性の第一礼装とされる。一般には、色留袖は結婚式での親族以外の列席者の衣装や、祝賀行事用の礼装として用いられることが多い。

留袖をショッピング検索

留袖をサイト内検索

留袖を外部検索