男性衣裳 > カフ(袖口)

カフ

カフ(cuff)とは、衣類の袖口部分の総称。手袋の腕回り、ズボンの裾口、袖カバーなどを指すこともあるが、一般的に袖口にある、カラー(襟)と同様に中に芯地が入った固いバンド状の部分をいう。また、アメリカではズボンの裾口のこともカフと呼ぶことがあり、折り返し無しのストレートのシングルカットの裾をカフレス(cuffless)という。

mone>>

カフス

カフス(cuffs)とは、洋服の袖先部分に付けられる生地のことで、手首を覆う衣服部分の総称。カラー(襟)と同様に中に芯地が入った固いバンド状になっており、布地をカラーと合わせることが多い。カフスは英語で袖口を意味するカフ(cuff)の複数形。カフスは必ず両袖にあるのでカフの複数形で呼ばれる。カフスには、シングルカフスダブルカフスフレンチカフス)、コンパーチブルカフスターンナップカフスアジャスタブルカフスなど様々なデザインバリエーションがある。

mone>>

カフリンクス

カフリンクス(cuff links)とは、ドレスシャツの袖口を留めるために用いるアクセサリーで、取り外しのできる飾りボタンの総称。各種貴金属、宝石類で作られた円盤状のボタンに金属製の留め具を付けたもの、チェーンで繋いだのものなどがある。特にフレンチカフスダブルカフス)と呼ばれる折り返し袖には欠かせないアクセサリーである。

mone>>

シングルカフス

シングルカフス(single cuffs)は、カフスリンク用のホールが付いておらず、初めから片方にボタンが付いていて留めるスタイルの袖口。フォーマルな席では、固く糊付けされたシングルカフスがより正式とされている。バレルカフス(barrel cuffs)ともいう。

mone>>

ダブルカフス

ダブルカフス(double cuffs)とは、袖口部分を折り返して二重になっているデザインのカフ。袖口の両方にボタンホールが設けてあり、カフリンクスを付けて留める。シングルカフスよりも立体感があり、存在感が出る。エレガントなイメージがあるダブルカフスだが、実際にはダブルカフスは略式で、固く糊付けされたシングルカフスが正式なスタイルである。

mone>>

フレンチカフス

フレンチカフス(french cuffs)は、ダブルカフスの別名称。20世紀初頭にダブルカフスが広がり始めた頃、ソフトなものや略式のものがフレンチスタイルとされており、フレンチカフスの由来となった。

mone>>

コンパーチブルカフス

コンパーチブルカフス(convertible cuffs)とは、袖口の両方にボタンホールがあり、片方にボタンが付いているカフス。ボタンでもカフスボタンでも留めることができる両用スタイルのもの。コンパーチブルとは「変換できる」という意味。

mone>>

ターンナップカフス

ターンナップカフス(turned up cuffs)とは、ダブルカフスのように折り返しがあるが、シングルカフスのようにボタンで留めるスタイルのカフス

mone>>

アジャスタブルカフス

アジャスタブルカフス(adjustable cuffs)とは、袖口にボタンが2個並んで付いており、カフス周りのサイズ調整ができるようになっているカフス

mone>>

テニスカフス

テニスカフス(tennis cuffs)ボタンは付いておらず、カフスホールのみがある、カフスボタン専用のシングルカフス。最近はあまり見られないスタイルだが、ダブルカフスよりも正式でフォーマルなものとされる。

mone>>

カフスボタン

カフスボタン(cuffs button)とは、ドレスシャツの袖口を留めるためのアクセサリーで、取り外しのできる飾りボタンの総称。カフスボタンは和製英語なので、海外では通じないことが多い。正式な英語表現はカフリンクス(cuff links)。

mone>>

[ 戻る ]

男性衣裳/カフをショッピング検索

男性衣裳/カフをサイト内検索

男性衣裳/カフを外部検索