男性衣裳 > その他

礼装

礼装は、昼間と夜間で区別され、さらに正礼装(モストフォーマルウエア:most-formal wear)、準礼装セミフォーマルウエア:semi-formal wear)、略礼装インフォーマルウエア:informal wear)の3種に分類される。フォーマルウエア(formal wear)は、礼服、礼装の総称。

mone>>

正礼装

正礼装とは、19世紀から20世紀初頭にかけてヨーロッパで確立された、正式な式典やパーティに着用する服装のこと。時間帯によって区別がある。

mone>>

準礼装

準礼装正礼装の次に格式が高い服装で、パーティや式典などに幅広く着用される。準礼装は20世紀になって確立された、通常のスーツよりも格式のあるワンランク上の服装。準礼装のことをセミフォーマル(semi-formal)という。男性の準礼装は昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードになる。女性の準礼装は昼はアフタヌーンドレス、夜はカクテルドレスを着用する。

mone>>

略礼装

略礼装礼装の方法を一部省略したもので、英語でインフォーマル(in-formal)。"in" は否定形を表す接頭語で、 "in-formal" で「フォーマルではない」となり、「正式ではない、略式の」という意味になる。

mone>>

平服

平服(へいふく)とは、タキシードなどの礼服の正装に対して、普段着、仕事着として着ている服を意味し、カジュアルウェア、ビジネススーツなどのこと。

mone>>

略礼服

略礼服とは、いわゆる一般的なブラックスーツのこと。日本独自の略礼装で、朝から夜まで、慶事・祝事・弔事と、着方によって冠婚葬祭にオールマイティに対応できる便利な礼服。慣習的に慶事には白かシルバーのネクタイを、弔事には黒のネクタイを合わせる。ただし海外では礼服ではなく、単なる黒のビジネススーツとしてしか見られない。特に黒スーツに白ネクタイは裏世界の人間と見えるらしい。本来の準礼装は昼間はディレクターズスーツ、夜間はタキシードを着用する。

mone>>

フォーマルウエア

フォーマルウエア(formal wear)とは、礼服、礼装の総称。昼間と夜間で区別され、さらにモストフォーマルウエア(most-formal wear:正礼装)、セミフォーマルウエア(semi-formal wear:準礼装)、インフォーマルウエア(informal wear:略礼装)の3種に分類される。

mone>>

セミフォーマル

セミフォーマル(semi-formal)とは準礼装のこと。正礼装の次に格式が高く、昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードになる。セミフォーマルは、通常のスーツよりもワンランク上の服装で、パーティや式典などに幅広く着られる服。セミフォーマルウエアの略。

mone>>

インフォーマルウエア

インフォーマルウエア(informal wear)とは、略礼装のこと。一般的にダークスーツ、ブラックスーツなどを指す。 "in" は否定形を表す接頭語で、 "in-formal" で「フォーマルではない」となり、「正式ではない、略式の」という意味になる。

mone>>

ドレスコード

ドレスコード(dress code)とは、服装規定のこと。公式の行事や正式なパーティ、冠婚葬祭では、周囲の雰囲気を損なわないために、時間帯や場所に相応しい服装をする必要があり、その場面に適した服装のことをドレスコードという。"dress code" の "dress" は「衣服、正装」、 "code" は「礼儀作法、慣例、規範」などの意味で、あわせて「服装規定」「服装規制」とも訳される。

mone>>

マーセライズ加工

マーセライズ加工(mercerization)とは、綿織編物にシルクのような光沢感と高級感を与える加工方法。この加工がされた綿(コットン)生地をマーセライズドコットン(mercerized cotton)と呼び、テイルコート燕尾服)用のベストなどに用いられる素材のひとつ。

mone>>

ピーコック革命

ピーコック革命は1960代後半に起こった男性ファッションのムーブメント。ピーコックとは孔雀のことで、孔雀は雄の方が華麗であることから、男性にも個性的なファッションを取り入れようという革命的な動き。フォーマルウェアにも影響を与え、奇抜な形のデザインタキシード、色柄物のタキシード、フリルのシャツなどが験される。また、礼装用以外のシャツや小物を取り込んだ着装もみられた。

mone>>

[ 戻る ]

男性衣裳/その他をショッピング検索

男性衣裳/その他をサイト内検索

男性衣裳/その他を外部検索