挙式 > 神前式

玉串奉奠

玉串(たまぐし)とは神事に用いられる道具の一つで、などの常緑樹の小枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたもの。玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは「玉串を奉(たてまつ)りて拝礼」という意味で、神事において慶事に限らず弔事にも必ず行われる、神様へ「玉串」を捧げて拝礼する儀式。玉串奉奠は仏式の焼香にあたるものといえる。

玉串奉奠の儀式の作法は、神前に進みでた新郎・新婦が神官巫女に一礼し、玉串を両手で受け、右手で枝の根元をつかみ左手で葉を支える。玉串を自分の顔に寄せて祈念する(願意を込める)。玉串を収めた後、「二礼二拍手一礼」で拝礼する。

玉串奉奠をショッピング検索

玉串奉奠をサイト内検索

玉串奉奠を外部検索