挙式 > 神前式

玉串

玉串(たまぐし)とは、榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。神に捧げる供え物の弊帛(へいはく)の一つ。玉串を神前に捧げる事によって恭順の心を表し、神と人を繋ぐ。紙垂は神の衣を、榊は神の繁栄を表す。玉串神前式挙式で神殿に捧げられる。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)は神に玉串を捧げる儀式。神職・巫女から玉串を両手で受け取り、軽く一礼した後に、神前に用意された案(机)の前に進み出て、時計回りに半回転させ、根の方向が神に、葉の方向が自分の方向を向く様にして捧げる。 奉奠した後は、二礼、二拍手、一礼の作法で拝礼して席に戻る。神前式挙式では、誓詞奏上の後に玉串奉奠が行われる。新郎新婦のが奉奠した後、媒酌人も同様に奉奠する。

玉串をショッピング検索

玉串をサイト内検索

玉串を外部検索