お金 > その他

特別地方消費税

かつて日本で飲食店などでの飲食、遊興に課された税金で、2000年3月31日をもって廃止された制度。1人あたり7,500円以上の飲食をしたときに徴収される消費税。結婚式の場合は料理・飲物・宴席料控室料・サービス料・会場装花・一部演出余興が対象となり(会場によって対象項目は若干異なる)、その合計金額に対して3%かかるものであった。

特別地方消費税の歴史は、大正時代に戦費調達のため、地方公共団体により創設された遊興税、歓興税がその起源。日中戦争に伴い、一旦国税に移管された後、第二次世界大戦後に再び地方税となる。その後、1948年に遊興飲食税、1961年に料理飲食等消費税、さらには1988年に特別地方消費税と改名されたが、2000年に廃止となる。現在の結婚式においては代わりに、披露宴での飲食に関する項目にはサービス税を加算している。

特別地方消費税をショッピング検索

特別地方消費税をサイト内検索

特別地方消費税を外部検索