男性衣裳 > スタイル

燕尾服

燕尾服(えんびふく)とは、男性の夜の正礼装の一つ。テイルコート(Tail coat)ともいい、前身頃が短く後ろ身頃はツバメの尾のように長くなった長くなっていることからこの名がついた。また白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイトタイとも呼ばれる。

燕尾服の最も正式な着用法は、黒または濃紺の上着とパンツ(サイドに側章が2本入ったものが基本)に、白のベストは襟の付いたシングルかダブル、ウイングカラーのシャツ(立衿・イカ胸・両穴シャツ)、白の蝶ネクタイ、スタッド釦&カフス釦は白蝶貝、ポケットチーフは白のスリーピーク挿し、靴は黒エナメルのパンプス。着用に際しては、19世紀後半に確立したこの伝統的な着装法を変える事は許されない。

燕尾服は19世紀初めには日常着であったが、形式昇格が起こり礼装化する。しかし現代では既に過ぎ去った昔の時代衣装である。宮廷晩餐会の「夜の正礼装」も、近年は「ホワイトタイ」から「ブラックタイタキシードに変遷した。今では、特にドレスコードで「ホワイトタイ」と指定された場合、社交ダンス競技会の選手、オーケストラの指揮者以外には着用の機会は殆ど無い特別な礼服である。

燕尾服をショッピング検索

燕尾服をサイト内検索

燕尾服を外部検索