挙式 > スタイル

海外挙式

海外で行うウエディングのこと。未信者でも挙式を受け付けてくれる教会や、専門のウエディングチャペル・邸宅・古城・船上・テーマパークでの挙式など、選択肢も多い。ハワイが一番の人気エリアだが、ヨーロッパやオセアニアやアジアリゾートなどのプランもある。ゲストの交通費や宿泊代がかかるため、親戚や親しい友人だけで行うことが多い。

教会でのブレッシング式(キリスト教の教義に則って、司祭が未信者のカップルに祝福を与える結婚祝福式で「結婚(入籍)した二人に祝福(blessing)を与える」という意味。)の場合は、日本の役所からの婚姻受理書が必要。事前に役所で婚姻届を提出し入籍を済ませ、戸籍課窓口で「婚姻受理証明書」を発行して持参します。

リーガルウェディング(現地の民法に則った挙式スタイル)の場合は、日本から戸籍謄本を持参し、現地で提出用書類を記入して結婚証明書をもらい、帰国後の入籍となる。婚姻の記録は結婚式を執り行った現地の役所に恒久的に保存され、日本の戸籍には「○○国方式により婚姻」という記録を残せる。

人前式やパーティ形式のセレモニーの場合は、事前に入籍していなくても大丈夫。

海外挙式をショッピング検索

海外挙式をサイト内検索

海外挙式を外部検索