その他用語 > 用語

水引

水引とは、贈答品や封筒にかける紐のこと。全面中央に結び目がある。用途に応じて用いる紐の色や本数、結び方に決まりがある。慶事や祝事には紅白の紐、弔事や不祝事には白黒の紐を使う。紅の変わりに金を、白の変わりに銀を用いたものもある。婚礼や弔事、病気見舞いなど一度きりでよいことには、ほどけない結切り(かた結び)を、入学・出産など何度あっても良いことには蝶結びを用いる。鮑(あわび、もしくはあわじとも言う)結びは、いずれにも使用できる。鶴亀や松竹梅などを形取った水引細工も作られており、慶事にはそれらを組み合わせて飾りとして用いられる。よって婚礼には紅白や紅銀、金銀の結切りもしくは鮑結びを用いる。

水引は一般的に5本の紐で結ばれるが、中には7本結びや略式の3本結びもある。この5本は陰陽五行説に由来するという説と、手の5本指を表しているという説がある。左右から中央で交わる形は、贈り側と受け側の互いの手が握り合う形を示しているとされる。また、婚礼には10本紐を用いることもあり、これは結婚する本人たちと両家が互いに手を結び合い、縁結びをしているとされる。

水引の起源は古代日本にまでさかのぼる。当初は神前へ奉納する供物を束ねる紐として用いられ、神聖で汚れのない色として白一色が用いられていた。6~7世紀の飛鳥時代に遣唐使の小野妹子が帰朝した際に携えた唐からの献上品に紅白に染めた麻紐が結ばれていた。ここから宮中の献上品には紅白の麻紐を用いる習慣が生まれた。一般にも用いられるようになったのは平安時代になってから。紙で元結(もとゆい)を作ることが発明され、紙で結った水引が普及していった。

水引の語源には2つの説がある。一つは、紙をよって紙縒り(こより)にして、よりが戻らないように水糊を引いて乾燥させ固める製法に由来する説。もう一つは、麻を水の中で洗い清め、引っ張って伸ばしたことに由来する説。

水引をショッピング検索

水引をサイト内検索

水引を外部検索