挙式 > 神前式

(さかき)は神事に使用する木で、暖地の山林に自生するツバキ科の常緑樹。とは「神」と「木」の合字なので、神の木、もしくは神に供される木という意味になる。

の語源は、神の聖域と人間の俗社会との「堺」を示す木、つまり「堺木(さかいき)」が転じたという説や、栄える木という意味で「栄木(さかき)」、神聖な木を意味する「賢木(さかき)」が転じたという説がある。

本来、とは固有の植物名ではなかった。のちに特定の木を指してと呼ぶようになった。が生育しない地方では、同じ常緑樹である杉・樫(かし)・樅(もみ)などが代用される。神の枯れる事のない永遠の恩恵を表すために、一年中緑を保つ常緑樹が用いられる。

榊をショッピング検索

榊をサイト内検索

榊を外部検索