結納 > 小道具

桜湯

桜の花の塩漬けを湯に入れた飲物。桜茶ともいう。見合い・結納・婚礼などの祝いの席で用いられる。お茶は「お茶をにごす」「茶々を入れる」などの意味につながり、慶事では忌み嫌うため、代わりの飲み物として桜湯昆布茶を用いることが多い。宴席の儀式が一通り終わった後は、普通の煎茶を入れてもよい。

桜湯に用いる桜の花の塩漬けは桜漬けとも呼ばれる。がくを除いた花全体を塩と梅酢で漬け込む。保存時は表面に茎の部分が表われて丸まった状態であるが、湯のみ茶碗に入れて湯を差すと、塩漬けの塩が溶けだし、花びらが開いて湯の上面に浮いてくる。

桜湯をショッピング検索

桜湯をサイト内検索

桜湯を外部検索