和装 > 小物

掛下帯

掛下帯(かけしたおび)とは、打掛の下に着る掛下振袖に結ぶ礼装用の帯のこと。一般的に振袖には丸帯が合わされるが、掛下には専用の「掛下帯」が用いられる。幅24~26cm、長さ4m~4m20cm程度と、一般の袋帯よりもやや細めで短い繻子総繍の丸帯で、締めやすいのが特徴。打掛姿を厳かに形よく見せるため、文庫結びにされることが多い。帯地は白綸子や白の唐織がよく使用される。現在では、花嫁衣装にのみ用いられるが、本来は江戸時代に、武家の女性が礼装用に用いていた帯。

掛下帯をショッピング検索

掛下帯をサイト内検索

掛下帯を外部検索