挙式 > 種類

挙式

結婚の儀式を行うこと。教会式神前式仏前式の宗教理念に基づいた伝統的なスタイルに加え、最近は無宗教の人前式スタイルも人気。人前式には全日本ブライダル協会認定の司式者(シビルウェディングミニスター)が執り行う厳粛な挙式スタイルもある。海外挙式では、リーガルウェディング(現地の民法に則った挙式スタイル)や教会でのブレッシング式(キリスト教の教義に則って、司祭が未信者のカップルに祝福を与える結婚祝福式)などがある。

mone>>

キリスト教式

教会やホテル・式場のチャペルで挙げるキリスト教の教義に則した結婚式のこと。キリスト教は大きく、カトリックとプロテスタントの2つの宗派に分けられる。

mone>>

神前式

神前(神社)で行う挙式スタイルのこと。神社のほか、ホテル・式場に設けられた神殿で行われる。式に参列できるのは親族だけなのが一般的だが、友人が列席できるところもある。神前で杯を交わし、結婚を誓い、結婚を先祖の神々に報告する。雅楽の演奏や舞が入るところもある。

mone>>

人前式

人前式とは、宗教色のない挙式スタイル。結婚の誓いを宗教に関係なく、両親・親戚・友人・知人などの前で永遠の愛を誓い、列席者全員が立会人・証人となる。牧師司祭、神主に代わり、列席者の中から立会人代表を立て挙式の進行を務める。披露宴司会者に合わせて頼む場合もある。

mone>>

仏前式

仏教の教えに基づいた挙式スタイル。司婚者は僧侶が行い、念珠(数珠)を受けて焼香し、仏様の前で来世まで連れ添う夫婦の結びつきを誓い、祖先に感謝し、盃を交わす。仏教には浄土宗や浄土真宗、日蓮宗など多くの宗派があり、司式の流れや焼香のやり方などが宗派によって異なることが多い。衣装は、花嫁は白無垢、花婿は五つ紋服。

mone>>

[ 戻る ]

挙式/種類をショッピング検索

挙式/種類をサイト内検索

挙式/種類を外部検索