挙式 > 神前式

神官

神官(しんかん・かみづかさ)とは、神前式を司る人。

mone>>

巫女

巫女(みこ・ふじょ)とは神道の神職の助手的な仕事に仕える女性のこと。元々は神託を聞き、民へ告げるシャーマン的な役割であった。神前結婚式においては、玉串奉奠(たまぐしほうてん)での玉串や三々九度の御神酒を新郎新婦に手渡したり、神楽に合わせて舞を奉納するなど、神職の司式の補助としての役割を果たす。白い小袖に緋色の女袴を合わせたものが一般的な巫女装束で、長い黒髪を後でひとつに束ねているのが典型的なイメージである。未婚の若い女性が務めることが多い。

mone>>

誓詞

誓詞(せいし)とは、神前式において、夫婦の守るべき道が書かれたもので、新郎新婦の連名で綴った誓いの言葉誓詞を読み上げることにより神に結婚を誓う。誓詞奏上(せいしそうじょう)とは、神前挙式の儀式のひとつ。三献の儀、指輪交換の後に、新郎新婦が神前に進み出て、誓詞を読み上げる。主に新郎が読み、新婦は自分の名前のみを読み加える。読み終えた誓詞は左から巻き玉串案上に置く。 誓詞は定型文が式場に用意されており、一般的に古語ではなくて現代語で書かれている。また希望があれば自分たちの言葉ですることも可能。

mone>>

玉串

玉串(たまぐし)とは、榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。神に捧げる供え物の弊帛(へいはく)の一つ。玉串を神前に捧げる事によって恭順の心を表し、神と人を繋ぐ。紙垂は神の衣を、榊は神の繁栄を表す。玉串神前式挙式で神殿に捧げられる。

mone>>

(さかき)は神事に使用する木で、暖地の山林に自生するツバキ科の常緑樹。とは「神」と「木」の合字なので、神の木、もしくは神に供される木という意味になる。

mone>>

三方

三方(さんぼう、さんぽう)とは、神前式の際に使う、供物を載せる四角い台。通常は檜などの素木(しらき)による木製で、折敷(おしき)と呼ばれる盆の下に直方体状の台(胴)がついた形をしている。台の三方向に穴があいていることから、「三方」と呼ばれる。神前に供える際は、穴のない側(綴り目の反対側)が神前に向くようにする。神饌が載った三方を持つときは、親指を左右の縁に、その他の指を折敷と台に当て、目の高さに持つ。

mone>>

三献の儀

三献の儀(さんこんのぎ)とは、神前式三三九度の杯の儀式のこと。さんけんのぎ、さんごんのぎとも読む。本来は出陣・帰陣・祝言などの際の献杯の礼を指す。打ちあわび、勝ち栗、昆布の三品を肴に酒を三度ずつ飲み干す。室町時代より武士の出陣・婚礼・式典・接待宴席などで重要な儀式とされた。とくに出陣での三献は三献目の盃を飲み乾した後、地面に打ち付けて割り、大将が鬨(とき)の声を挙げ陣営を鼓舞する。現在では、結婚式の三三九度のほか、正月や選挙の出陣式、端午の節句や七五三、祭りなどにて行われる。

mone>>

三三九度

三三九度(さんさんくど)とは神前式の儀式のひとつ。小中大の盃を新郎新婦が順に酌み交わす儀式。交互に各三回ずつ、計九杯のお神酒を飲む。神前式の進行の中で祝詞奏上の後に行われる。巫女が注いだ御神酒の杯を両手で受け、最初の二口は杯に口をつけるだけで、三口目で飲み乾す。お酒が飲めない人は飲むまねだけでよい。二人の結婚を祝福して神様から御神酒を頂き、御神酒を飲むことで体の中に神様の力を取り入れる意味がある。「三献の儀」が正式名称。「誓杯の儀」「夫婦固めの杯」ともいう。

mone>>

参進の儀

参進の儀(さんしんのぎ)とは、神前結婚式の儀式のひとつで、神前式における新郎新婦入場。結婚の儀を告げる太鼓の音や雅楽の調べが境内に響き渡る中、神職・巫女に先導された新郎新婦の行列が厳かに本殿・御社殿まで進む「参進の儀」に始まり、本格的な儀式が執り行われる。歴史ある神社において、伝統的で荘厳な雰囲気の中での本格神前式が人気がある。

mone>>

玉串奉奠

玉串(たまぐし)とは神事に用いられる道具の一つで、などの常緑樹の小枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたもの。玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは「玉串を奉(たてまつ)りて拝礼」という意味で、神事において慶事に限らず弔事にも必ず行われる、神様へ「玉串」を捧げて拝礼する儀式。玉串奉奠は仏式の焼香にあたるものといえる。

mone>>

親族杯の儀

親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)とは、神前式の儀式のひとつ。両家の家族が親族となった誓いの杯を交わす儀式。親族固めの杯ともいう。巫女が両家の上座のから順にお神酒を注いで回り、両家列席者全員の前の杯にお神酒が注がれたところで、列席者一同起立し、巫女の合図で一斉に杯を三口で飲み干す。これで両家が親族として固まったことを意味する。親族杯の儀の後、斎主祝辞、斎主による儀式終了の挨拶をして神前式は終了する。その後、先導に従って新郎・新婦、媒酌人が退場し、続いて列席者一同揃って起立し、神前に一礼して退場する。

mone>>

水合わせの儀

水合わせの儀とは古来からの儀式で、新郎新婦の互いの実家の水を汲んできて、ひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式。別々の水(環境)で育った新郎新婦が、それぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、二人で新たな家庭、水、環境を築いて行けるようにとの願いが込められている。水は両家の母親が朝一番で汲んできたものを合わせるのが正式。水合わせの儀人前式神前式にて行われることが多い。

mone>>

[ 戻る ]

挙式/神前式をショッピング検索

挙式/神前式をサイト内検索

挙式/神前式を外部検索