挙式 > 海外スタイル

ブライド

ブライド(bride)とは花嫁・新婦のこと。

mone>>

グルーム

グルーム(groom)とは、花婿・新郎のこと。

mone>>

ウエディングパーティ

ウエディングパーティ(ウエディンググループ)とは欧米の習慣で、新郎新婦に付き添い、セレモニーやパーティを盛り上げる仲間達のこと。この場合のパーティとは一行・仲間・味方という意味。

mone>>

ブライズメイド

ブライズメイド(bride's maid)とは、花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのこと。主に花嫁の友達、姉妹、親族で、未婚の女性が務める。バージンロードで花嫁に先立って入場し、花嫁の身の回りの世話をする。白以外のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に華を添え引き立てる。ドレスは新婦が用意してプレゼントする。

mone>>

グルームズマン

グルームズマン(groom’s man)とは、花婿の友人代表。花婿付添い人。日本ではアッシャーとも言うが、正式にはグルームズマンが正しい。もしくは複数形でグルームズメン(groom’s men)と呼ぶ。結婚式披露宴で、進行の手伝いをしたりゲストを席までエスコートする。挙式ではブライズ・メイド(花嫁友人代表)をエスコートする。新郎の兄弟や未婚の親しい友人から2~5人程度選ばれる(ブライズメイドと人数を合わせる)。グルームズマンの中で一番新郎に親しい人をベストマンと呼ぶ。

mone>>

メイド・オブ・オナー

花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことを、ブライズメイド(bride's maid)と呼び、その中でも一番花嫁と親しい、代表的な立場の女性がメイド・オブ・オナー(maid of honor)と呼ばれる。バージンロードで花嫁に先立って入場し、ブーケを持ったり、ベールやドレスの裾を整えたりと、花嫁の身の回りの世話をする介添え人の役割を果たす。

mone>>

ベストマン

欧米の結婚式において、新郎の付添人であり立会人の男性をグルームズマン(日本ではアッシャーと呼ぶ場合が多い)と呼び、その代表をベストマンと呼ぶ。新郎の世話人であり、結婚指輪結婚証明書を運ぶなど、挙式進行のサポートをする重要人物で、選ばれることは名誉なこととされる。新郎の親友や兄弟などの未婚の男性が勤めることが多い。

mone>>

アテンド

アテンダーとも言う。英語的に言うと、正しくは「アテンダント」("attendant"「付き添い人・世話人」の意味)。挙式披露宴の際、常に花嫁のそばにいて、面倒を見てくれる花嫁介添人のこと。着慣れない衣裳で、動くこともままならない花嫁のために、ハンカチを渡したり、手袋を受け取ったりと身の回りの世話や、移動・写真撮影・時間管理などをサポートしてくれる。何か困った時には一声掛けると不安を解消してくれる、心強いサポーターです。英国では付添の子供の意。

mone>>

リングボーイ

リングボーイ (ring boy)とは、結婚指輪を載せたリングピローを運ぶ役割の男の子のこと。欧米スタイルの挙式にて、新郎入場の後に、リングボーイリングピローを持って登場して、ベストマンもしくは新郎へリングピローを渡す。それに続き、花かごを持ったフラワーガールが花びらを蒔きながら入場し、最後に新婦と新婦の父が入場する。

mone>>

トレーンベアラー

トレーンベアラー(train bearer)とは、花嫁入場のとき、トレーンベールを後ろから持つ女の子。花嫁のウエディングドレストレーンベールが長いとき裾を持ってもらう。親族などの小さな女の子が務めることが多い。ベアラーは持つ人という意味。

mone>>

スティックボーイ

スティックボーイとは、セレモニーのときに、杖(スティック)を持って花婿花嫁を先導する男の子。スティックで大地をトントン突くことで、地中にいる悪魔を退散させ、大地が清浄されているかを確かめるという使命がある。スティックには鈴などがあしらわれる。

mone>>

ウィッシュリスト

ウィッシュリスト(wish list)とは、新郎新婦が欲しい物をリストアップすること。友人や親族はその中から手分けしてプレゼントを贈ってくれる。フランスのリスト・ド・マリアージュと呼ばれる結婚祝いをリストアップしプレゼントする風習が、アメリカに渡りウェディング・レジストリ(wedding registry)と呼ばれ、ウィッシュリストの由来となった。ウィッシュリストは、結婚祝いだけでなく誕生祝い、子供の誕生祝いなどに幅広く用いられる。

mone>>

ウエディングレジストリ

ウエディングレジストリ(wedding registry)とは、新郎新婦が欲しい物をリストアップし、友人や親族が手分けしてプレゼントしてくれる風習。フランスのリスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)という風習が起源で、直訳すると「結婚のためのリスト」という意味。また、この欲しい物リストのことをウィッシュリスト(wish list)という。

mone>>

リスト・ド・マリアージュ

リスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)とは、新郎新婦が欲しい物をリストアップし、友人や親族が手分けしてプレゼントしてくれる風習。リスト・ド・マリアージュは、フランス語で直訳すると「結婚のためのリスト」という意味。英語ではウェディング・レジストリ(wedding registry)という。また、この欲しい物リストのことをウィッシュリスト(wish list)という。

mone>>

ブライダルシャワー

ブライダルシャワー(bridal shower)とは、結婚する花嫁を祝福する前祝いパーティのこと。一般的に結婚式の2ヶ月前から2週間前ぐらいに、レストランや花嫁・ブライズメイド(花嫁の姉妹や友人など花嫁に親しい未婚の女性が務める)の自宅などで行われる。参加者は伝統的に女性のみで、お茶やおしゃべりを楽しみながらお祝いし、花嫁が集まったプレゼントを順番に開けてゆく。パーティのアレンジはブライズメイドが行う。出産前にも「ベビー・シャワー」という同様のパーティを行う習慣がある。

mone>>

リハーサルディナー

リハーサルディナー(rehearsal dinner)とは、結婚式前夜に行われる欧米の習慣。新郎新婦と両家の両親、牧師などの司式者グルームズマンブライズメイドなどで式前日にリハーサルを行う。その後、兄弟姉妹や親族、式の準備をサポートしてくれたごく親しい友人を加えて催されるセミフォーマル食事会のことをリハーサルディナーと呼ぶ。

mone>>

ガールズナイト

ガールズナイトとは、新婦の独身時代最後の日を、女性だけで楽しむためのパーティー。ブライズメイドや新婦と親しい友人たちで企画する。レストランやバー、ナイトクラブなどで行ったり、新婦の部屋でお泊り会をしたりする。男性版はバッチェラ-ズ・パーティーという。

mone>>

バチェラ-パーティー

バチェラ-パーティー (bachelor party)とは、新郎の親しい男性友人たちが集まるパーティのこと。バチェラ-とは独身者の意味。新郎の独身時代最後の日を一緒に過ごし、バカ騒ぎして独身にお別れするというもの。大抵はベストマングルームズマンたちがこのパーティーを企画する。レストランやバー、ナイトクラブなどで行う場合が多いが、新郎の家にサプライズで押しかけたり、寝込みを襲ったりもする。

mone>>

ジューンブライド

ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚。欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがある。

mone>>

ブライドジラ

ブライドジラは、"bridezilla"もしくは"bride-zilla"と書く。"Bride"「花嫁」と"Godzilla"「ゴジラ」を合わせた造語。結婚式を準備していくうちに、自分の結婚式に徹底的にこだわりを持ち、妥協を許さないあまりに、欲張りで自分勝手になり、感じが悪い女性に変貌していく花嫁のことを意味する言葉。

mone>>

[ 戻る ]

挙式/海外スタイルをショッピング検索

挙式/海外スタイルをサイト内検索

挙式/海外スタイルを外部検索