挙式 > その他

式次第

式次第(しきしだい)とは、結婚式をとり行う順番。入場から退場まで、挙式の進行プログラムを記した進行表キリスト教式の場合は列席者全員に必ず配られ、聖歌や賛美歌の歌詞も書かれている。神前式の場合は、事前に新郎新婦・両親・媒酌人に渡す(見せる)が、参列者に渡すことはまずない。キリスト教式神前式の場合は会場で独自に用意されていることが多いが、人前式挙式の場合は手作りで用意するカップルが多い。

mone>>

介添人

挙式披露宴の際、常に花嫁のそばにいて、面倒を見てくれる花嫁介添え人のこと。アテンド、アテンダーとも呼ばれる。着慣れない衣裳で、動くこともままならない花嫁のために、ハンカチを渡したり、手袋を受け取ったりと身の回りの世話や、移動・写真撮影・時間管理などをサポートしてくれる。何か困った時には一声掛けると不安を解消してくれる、心強いサポーター。介添料はこの介添人に対しての費用。

mone>>

立会人

立会人とは、新郎新婦が結婚の誓いを交わす際に、証人となる人のこと。キリスト教式挙式の場合、立会人の前で結婚を神に誓う。結婚証明書にサインする際に立会人にも連名でサインして貰う場合もある。媒酌人がいれば立会人の役もして貰うが、いない場合は友人や親戚などにお願いしてよい。新郎新婦の友人代表として選ばれるグルームズマンブライズメイドのことを、立会人もしくは介添人と呼ぶ場合もある。

mone>>

誓いの言葉

挙式にて新郎新婦が永遠の愛を誓う言葉。

mone>>

[ 戻る ]

挙式/その他をショッピング検索

挙式/その他をサイト内検索

挙式/その他を外部検索