披露宴 > ペーパーアイテム

招待状

結婚式に招くためにゲストに事前に送る案内状招待状には、披露宴の日時や場所などを明記した招待状に加え、挙式の案内・切手を貼った出欠確認の返信はがきや、会場案内地図、必要によって駐車場や交通手段の案内・時刻表、宿泊施設や着付等の案内も同封する。招待状披露宴招待状で、挙式は付箋で別途案内をするのが正式。祝辞・余興の依頼者には、事前ににその旨を伝えておき、招待状に付箋を同封する。カジュアルなパーティの場合は趣旨も伝えておく。また、遠隔地からのゲストには、交通費などこちらの心づもりを伝えておくとよい。

差出人は、新郎新婦名で出す場合と、両家親の連名で出す場合がある。差出人が結婚式の主催者となるため、披露宴の最後の挨拶(謝辞)をするのは差出人となる。招待状をいきなり発送するのではなく、事前に電話などで結婚の日程をあらかじめ伝え、出席を確認した上で案内を送る。主賓媒酌人、上司などにはできれば手渡しするとよい。

招待状スケジュールは、結婚式の3ヶ月前までには発注または制作を開始し、2ヶ月前には発送、返信ハガキの期日は挙式1ヶ月前が目安。招待状は消印の日付が大安の日になるように、挙式2ヶ月前の大安の午前中に投函するとよいとされている。また、返信はがきの期日は、挙式1ヶ月前の大安にするとよいとされている。

招待状は式場のパッケージプランにも含まれている事も多いが、最近はオリジナルの手作り招待状を作成する人も増えている。毛筆での宛名書きをしてくれる筆耕を頼むこともできる。返信はがきには必ず50円切手を貼って同封する。切手は慶事用の切手を用いることが多く、郵便局で入手できる。

招待状をショッピング検索

招待状をサイト内検索

招待状を外部検索