和装 > 小物

抱帯

抱帯(かかえおび)とは、打掛を着たとき帯の下の位置に結ぶ細い帯のこと。掛下帯に付随したもの華やかな色柄の錦や縮緬、紋綸子などを素材とする。幅は約6~8cm、長さ約2m70cm程度の平ぐけ帯。掛下帯の上や、花嫁の色直しの丸帯の上に左後方で蝶々結びにする。

江戸時代初期の小袖は現在よりも身丈が短く着ながしで、帯は細いひものようなものだった。その後、振袖が発生し女性の着物は装飾的となり、帯幅が広くなり後結びになる。全体の見た目のバランスを整えるために、女性の着物の身丈が長くなり、裾を引くようになる。そのため、外出時には裾をひきあげて、抱帯で丈を調節した。明治になり常時、お端折り(おはしょり)をするようになり、抱帯の役割は腰紐にとってかわった。時代とともに抱帯は花嫁衣装の装飾として残る。黒振り袖のお引きや七五三の祝着には、しごき(扱き帯)が使われる。なお、帯締は、丸ぐけ(中に綿を入れてくけたもの)の帯締を使うのが正式。

抱帯をショッピング検索

抱帯をサイト内検索

抱帯を外部検索