披露宴 > 引出物・引菓子

引出物

披露宴の列席者へ、お祝いのお裾分けと、感謝の意を込めて贈る品物。披露宴終了後、引菓子と共にお持ち帰り頂いただく。引出物引菓子を含めて2~3品が一般的。金額は引出物引菓子合わせて4,000~6,000円程度が多い。夫婦には合わせて一組で構わない。

mone>>

引菓子

披露宴の列席者へ引出物と一緒に持ち帰っていただくお菓子。披露宴のお膳のお裾分けの意味があり、列席者が帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的でもある。夫婦には合わせて一つでよい。金額は1,000~1,500円程度のもので、日持ちも良いものが選ばれる。洋菓子でも和菓子でも構わない。洋菓子ではバウムクーヘンやフルーツケーキ、焼菓子など、和菓子では上用饅頭や松竹梅などの縁起物を模った干菓子(らくがん)などが一般的だが、最近では、有名店の焼菓子や新婦の手作り菓子などを入れる人も増えている。ちなみに皇室の結婚式では、伝統的にボンボニエールに金平糖を入れたものが引菓子として用いられる。

mone>>

プチギフト

プチギフト(petit gift)とは、披露宴やパーティの後、ゲストを送迎するときに配るちょっとした贈り物のこと。引出物引菓子とは別に新郎新婦から手渡しで贈られる。ゲスト一人一人に来て頂いた感謝とお礼の気持ちを添えて渡す。送迎ギフトとも呼ばれる。最近では定番の演出。プチ(petit)とは、フランス語で「小さい」の意。

mone>>

カタログギフト

引出物の代わりに商品カタログを渡し、受け取ったゲストが後日その中から好きなものを選んで注文できる。日用品から食料品まで、普通の引き出物では渡せないものや、ゲストの好みに広く対応できるのがメリット。ゲストに重い引出物を持たせるのは大変だし、本当に欲しい物を選んで欲しいいからと、最近はカタログギフトも人気がある。

mone>>

迎賓ギフト

迎賓ギフトは、披露宴の入り口にて新郎新婦がゲストを迎えながら渡すギフト。披露宴の食事で使用できる箸などのプチギフトや、席次表を手渡しする。二人からのメッセージやプロフィールなどを一緒に添えて渡すと、披露宴が始まるまでの間ゲストも楽しめる。逆に披露宴が終わった後、ゲストを見送りする時に渡すのは送賓ギフト。一般的にプチギフトと言うと送賓ギフトを指す。

mone>>

サンクスグッズ

感謝の気持ちを込めてゲストに渡す簡単なプレゼント。サンクスギフト、プチギフトともいう。披露宴終了後、ゲストが退場する際に出口で新郎新婦がお礼の挨拶をしながら手渡しする。お菓子や小物、手作りの品などカップルによって贈るものは様々。

mone>>

ドラジェ

ドラジェ(dragee)とは、アーモンドの実を白、ピンク、ブルーなどの色とりどりな砂糖ペーストをでコーティングしたフランスのお菓子。イタリアではコンフェッティ(confetti)と呼ばれる。

mone>>

二次会記念品

二次会の際に、ゲストに配るちょっとした記念品。披露宴で渡す引き出物よりもシンプルで廉価なギフト。ご祝儀制だとお返し・お土産の意味で引き出物を用意するが、会費制の場合は感謝の気持ちとして記念品を贈る。

mone>>

ボンボニエラ

イタリアではドラジェのことをコンフェッティ(confetti)と呼ぶ。イタリアではコンフェッティを5粒にまとめたもの配る習慣があり、コンフィエッティ入れをボンボニエラ(bomboniera)と呼ぶ。ちなみにドラジェはフランス語。ボンボニエラには陶器や銀製のものから、単にドラジェレースに包んだものまで、様々な種類がある。5粒のドラジェにはそれぞれ、「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」という願いが込められている。

mone>>

上用饅頭

上用饅頭(じょうようまんじゅう)とは、お祝い事に紅白饅頭としてよく用いられる和菓子。結納の儀式後の歓談の席で出されたり、挨拶回りの折に配られたり、披露宴の引き菓子として用いられる。紅白の饅頭は花嫁が嫁ぎ先の家風に染まれるように、また、そのまるい形から円満な家庭を築けるようにという願いが込められている。挨拶回りの際は、花嫁の名前を書いた風呂敷や扇子などと一緒に配られ、お世話になった方々へのお礼とこれからのお付き合いをお願いする。

mone>>

[ 戻る ]

披露宴/引出物・引菓子をショッピング検索

披露宴/引出物・引菓子をサイト内検索

披露宴/引出物・引菓子を外部検索