披露宴 > スタイル

披露宴

披露宴は、挙式後に親族や上司、恩師、友人などをもてなす宴席。結婚を誓う儀式が結婚式で、結婚した二人の晴れ姿をお披露目する宴席が披露宴披露宴の内容は、披露式と宴で構成されている。披露式は新郎新婦の紹介、挨拶、来賓の祝辞、ケーキカット乾杯までの新郎新婦を披露する儀式。乾杯の後、料理が運ばれゲストをもてなす宴となる。席順は、メインテーブルに近い席ほど、主賓などの格の高いゲストの座る上座となり、新郎新婦に縁の近い者ほどメインテーブルより遠くの席になるため、両親は会場の一番端の下座に座る。

結婚式の主役は新郎新婦の二人だが、披露宴は親しい方々を招待して、今までの感謝を示し、これからの付き合いをお願いする場であることを踏まえて、ゲストに心配りをするように。

披露宴の起源は、明治に入ってから。明治以前は挙式披露宴の形式はなく、武家では結納、嫁入りの儀式が行われていたものの、庶民は婿入りの通い婚で、家督相続の際にお披露目の祝宴を設けるのが一般的であった。明治維新で文明開化された折に、神前結婚式と披露宴が始まったのが由来とされる。西欧の婚姻はキリスト教の神様の前に結婚を誓うことから転じて、日本の神様の前で結婚を誓う神前結婚式が生まれ、披露宴は西欧の洋食正餐を真似たものであった。明治時代の上流階級は、率先して西欧文化を取り入れており、鹿鳴館スタイルと呼ばれるムーブメントがあった。披露宴は彼らにとって、身に着けた洋式正餐でのマナーや社交の成果を発揮するための場でもあった。

庶民に披露宴の習慣が浸透するのは戦後の高度成長時代に入ってからである。当初は披露宴を行えるような設備の充実したバンケットは都心のホテルにはあったが、地方都市にはほとんどなかった。昭和40年代から、地方にも公共施設が増えだし、冠婚葬祭互助会という組織が生まれて、専門式場も立てられるようになり、披露宴が全国に普及して行く。

披露宴をショッピング検索

披露宴をサイト内検索

披露宴を外部検索