和装 > 種類

打掛

打掛は、打掛小袖ともいい、和装の正装。室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたのが由来。江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及し、掛下の帯つき姿の上に、打ち掛けて用いる。帯をせず、歩くときに褄(つま)をかい取らねばならないので、掻取(かいどり)とも呼ばれる。

打掛の生地は、緞子(どんす)か綸子(りんず)を用い、帯も同じ生地を使う。草履も生地にするのが一般的だが、色打掛には紅白重ねを用いることもある。掛下は綸子か羽二重を用いて白地が基本だが、打掛に合わせて色物も用いられる場合もある。長襦袢は白か掛下と同色にする。

打掛をショッピング検索

打掛をサイト内検索

打掛を外部検索