和装 > 小物

懐剣

懐剣(かいけん)とは、打掛を着るとき帯にさす短剣のこと。懐剣は通常、白い布の袋に入っている。かつて武家に生まれた女性は護身用に短刀を所持していた。この習慣はやがてたしなみに近いものになり、婚礼の際には長刀(なぎなた)や短刀が嫁入り道具のひとつとなる。花嫁が武家に嫁ぐ際、武家の妻として恥じぬよう、「いざというときは、自分で自分の身を守る」の意味がある。

こうした武家の憧れから、明治時代以降には庶民も「懐剣」を婚礼衣裳の胸元にさすようになったと言われている。打掛も本来は武家の婚礼衣裳で、同様の理由から庶民に浸透していった。

剣は大昔から神の宿るものとして神聖視され、多くの儀式で魔除けのお守りとして用いられてきた。婚礼においても、懐剣は新たな人生へと旅立つ花嫁を様々な災いから守る役割とされ、これからの夫婦円満、無病息災を祈る。

懐剣をショッピング検索

懐剣をサイト内検索

懐剣を外部検索