演出 > その他

弦楽四重奏

弦楽四重奏とは、4種類の弦楽器を使って演奏する音楽。ヴァイオリン属4本の楽器からなる合奏形態を指す。主に第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの4本によって構成される。弦楽四重奏曲は一般に、複数の楽章から成り、多くは交響曲やソナタと同様、急-緩-舞-急の4楽章から成っていて、第1楽章がソナタ形式となっている。弦楽五重奏は、通常の弦楽四重奏にさらに、ヴィオラをもう1本増やした編成と、チェロをもう1本増やした編成の2種類がある。まれにコントラバスを加えた編成もある。生演奏の中でも料金は割高だが、格調高いエレガントな雰囲気が演出できる。

弦楽四重奏をショッピング検索

弦楽四重奏をサイト内検索

弦楽四重奏を外部検索