結納 > 儀式・しきたり

引出結納

引出結納(ひきでゆいのう)とは、東海地方三河地区や九州地方で行われる結納返しのこと。

通常、結納金の返礼金は、袴料として頂いた結納金の金額の一割を、酒肴料は頂いた酒肴料と半額もしくは同額をお返しする。もしくは結納金のお返しに、新郎に背広や時計などの結婚記念品を贈る場合もある。

新郎側から頂いた結納品は、紅白の包みを松葉色の包みに改めて引出結納を納める。これを「色替え」という。水引・箱・白木台・風呂敷などは再利用する。目録熨斗末広などの結納返しの品は新たに用意する。

東海地区では、通常は「荷入れ」と呼ばれる道具納めの日に行う。荷入れは女性側が家財道具などを新居へ運び入れることで、飾り付けをしたトラックに婚礼の荷物を載せて挙式2~3週間前の吉日の午前中に行う。その際、新郎本人への土産として結婚記念品を、御家族への土産として身の回りのものを、御先祖へのお土産として線香などを持参する。最近は結納と同時に、引出結納を済ましてしまうケースも増えている。

九州では元々結納返しの習慣は無かったが、最近は引出結納を行う場合が増えている。引出結納は、結納当日に行う場合が多く、現金を返すよりも結婚記念品を贈るケースが多い。

引出結納をショッピング検索

引出結納をサイト内検索

引出結納を外部検索