結納 > 書類

家族書

家族書とは、同じ戸籍(同居中)の家族の氏名、年齢、続柄を記したもの。結納時に両家で交換する。親族書には、家族書以外の三親等内の親族を記載する。最近は家族書だけにしたり、どちらも省略する場合もある。特にお見合い時に釣書を交換している場合はそれで済まされることも多い。ただし、取り交わすなら双方とも同じように用意しなくてはならない。また、家族の現在の状況を記した身上書を添える場合もある。身上書家族書親族書と異なり、決まった形式はなく自由に書いて良い。

家族書は、一般的に本人から2親等までの同居している家族のみで、別所帯を持っている兄弟は親族書に書く。年長者から記入し、本人は一番最後に書く。家族の配偶者も書く。具体的な続柄でいえば、「祖父・祖母・父・母・兄・姉・弟・妹・本人」となる。

家族書親族書は奉書を奉書紙に墨で書くのが正式だが、白い便箋にペン書きでも構わない。奉書紙の場合は、横長に二つ折りにし、折り目を下にして墨書きし、左、右の順に三つ折りにして上包みをかける。ペン書きの場合は、下から三つ折りにして白い長封筒に入れる。表書きは「家族書」「親族書」と記す。

結納 > 書類
目録  受書  釣書  家族書  身上書  親族書

家族書をショッピング検索

家族書をサイト内検索

家族書を外部検索