結納 > 結納品

家内喜多留

家内喜多留(やなぎだる)とは、結納品の一つで、酒肴料の関東式の呼称。家内喜多留は柳樽の雅語の当て字。関西式などではそのまま柳樽と書くところもある。胴・柄ともに朱塗りの柳樽に入れた酒のこと。正式結納九品目の一つだが、七品目以下には含まれない。

実物のお酒ではなく金子で代用する場合も増えてきている。その際は、「家内喜多留」と表書きし、中包みに金額を書いた金封に金子を入れる。結納金の1割程度を包むのが一般的だが、酒2升分程度の額を包むこともある。

お酒は「一升」と「一生」を掛けて縁起物として婚礼の席に良く用いられ、両家が杯を酌み交わす意味を込めて贈られる。「家内喜多留」は家の内に喜びが多く留まりますようにとの願いを込めた当て字である。

家内喜多留をショッピング検索

家内喜多留をサイト内検索

家内喜多留を外部検索