ジュエリー > 種類

婚約指輪

婚約のとき、男性から女性へ贈る指輪。婚約の印。エンゲージリングとも呼ばれる。結納では「優美和」、「結美和」など雅語の当て字を用いる。婚約指輪として人気が高いのがダイヤモンド。地上でもっとも硬いダイヤモンド、その硬さは固い絆と永遠の愛情を、無色透明は純粋無垢な心を象徴しているとされる。日本ではダイヤモンドの立爪タイプのリングが婚約指輪の定番。ダイヤモンドを埋め込んだリングや、結婚指輪と合わせてデザインされたセットリングなど、最近はデザインも豊富。誕生石のリング、エタニティリングを贈る人も。

婚約指輪の歴史は古代ローマにさかのぼる。古代ロ一マ時代からしばらくの間は、結婚自体よりも、様々な約束を含んだ婚約の儀式の方が重要視されていた。古代ローマ人が約束の履行を誓約する印として、鉄の輪を婚約指輪として初めて用いた。その頃、婚約指輪に金を使用したのは一部の特権階級に限られ、一般には重い鉄製の輪が愛用される。強さを象徴する「鉄」は当時信頼の結びつきを表すのにふさわしい金属とされていた。女性の地位や権利がまだ認められていないこの時代には、婚約指輪は「一人の女性が特定の男性の所有物になった」ことの証であった。

2世紀になると「金」の婚約指輪が一般にもかなり普及してくるが、当時の金は非常に価値の高いものだったため、金の指輪は外出時に着用するだけで、家に帰るとすぐに鉄の指輪に着け替えていた。4世紀初めには、"honey"というような文字が指輪の内側に刻印されるようになる。5世紀のローマの著述家マクロビウスによると、婚約指輪は左手の薬指に着けられたという記述が残っている。これは左手の薬指が心臓とつながり、愛の血が流れているという古代エジプト人の信仰に由来している。

昔は、婚約指輪結婚指輪の区別はなく、永遠に終わることのない円を、愛の象徴として花嫁に贈ったものだった。現在のように、エンゲージリング婚約指輪マリッジリング結婚指輪になったのは13世紀以後といわれている。ローマ法王が、結婚前に互いを良く知るべきだとして、婚約期間を奨励したことから婚約指輪が生まれたという説がある。また、西暦860年に教皇ニコラス1世が「婚約発表には婚約指輪が必要である。夫となるものは高価で経済的な犠牲を払う指輪を将来の妻に贈るべし。」という決まりを作ったのが婚約指輪の始まりだという説もある。

中世では婚約指輪にはサファイアやルビーが使われていた。婚約指輪ダイヤモンドが使われたのは、1477年、神聖ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ時に、ドイツのモロルティンガー博士が、「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンド婚約指輪を贈るよう助言したのが、ダイヤモンド婚約指輪に使った最も古い記録である。その後、永遠に輝きを失わないダイヤモンドエンゲージリングの定番になった。1503年のヴェネツィアの結婚証明書には、ダイヤモンドつきの指輪が婚約指輪として記載されている。

婚約指輪をショッピング検索

婚約指輪をサイト内検索

婚約指輪を外部検索