挙式 > 海外挙式

婚姻要件具備証明書

婚姻要件具備証明書とは、婚姻をしようとする外国人の本国の法律で定めている婚姻の成立要件(婚姻できる年齢に達している、独身であるなど)を満たしていることを証明する書類。相手国政府が証明した公的文書である。日本の戸籍制度には「外国人の戸籍」がないため、婚姻届を提出する際に、婚姻要件具備証明書が必要になる。戸籍謄本(台湾・韓国)、未婚公証書(中国)、婚姻記録不存在証明書(フィリピン)、などの文書が婚姻要件具備証明書にあたる。

婚姻要件具備証明書は、結婚相手の国の在日大使館(領事部)または領事館で発行される。婚姻要件具備証明書を取得するための必要書類は国よって異なり、本国から出生証明書や独身証明書などを取り寄せる必要のある国もあるので、必ず事前に大使館に問い合わせるようにする。

婚姻要件具備証明書など、外国語で書かれた書類を日本の役所に提出する際には、すべて日本語の対訳を付け、誰が翻訳したのかを記入しなければならない。翻訳者は本人でも構わない。

婚姻要件具備証明書をショッピング検索

婚姻要件具備証明書をサイト内検索

婚姻要件具備証明書を外部検索