和装 > 髪型

かつら合わせ

和装用のかつらを実際につけてみること。かつらが自分の頭の形にぴったり合うかと、自分の顔立ちに似合う、鬢(びん)の張り具合や髷(まげ)の高さを確認する。当たって痛いところや、引っ張られるところがあれば直してくれる。かつら合わせ挙式の1~2週間前に行う。髪を切ったりパーマをかける予定があるなら、かつら合わせの前に済ませておくと良い。

mone>>

(かんざし)とは、着物を着たときに髪に挿す飾りの一つ。古代には髪に生花を挿し、これを挿頭花(かざし)と呼んでいた。奈良・平安時代には釵子(さいし)といい金、銀、銅などの棒を折曲げた二本足のものとなる。鎌倉・室町時代になるにつれ女性の髪かざりとして発展し、江戸時代に日本髪結びが複雑になるに合わせて、より装飾的なものとなっていく。「かみさし」がなまってかんざしとなったという説がある。

mone>>

(こうがい)とは、髪に挿す飾りのこと。細長い棒状で、両端もしくは片端を長方形に少し太くしたような形をしているのが一般的。先方の尖っているはかゆい時に髪を掻く「髪掻(かみかき)」から派生したもの。武士は普段は脇差の鞘に挿しており、主に頭を掻いたり櫛の代わりに用いた。

mone>>

角隠し

角隠し(つのかくし)とは、花嫁の文金高島田の髪の上に被る帯状の白い布。袷仕立ての長方形の白絹を髪に留られるようにしたもの。髪を結っていてもすっぽりと額ほどまで覆いかぶさる大きさ。挙式披露宴白無垢、色内掛を着用の際に使われる。綿帽子は袷仕立ての白絹を袋状に仕立てたもの。

mone>>

綿帽子

綿帽子(わたぼうし)とは、花嫁が和装婚礼衣裳の白無垢を着る際に、文金高島田を結った頭の上にやや深めに被る白い布。髪を結っていてもすっぽりと額ほどまで覆いかぶさる大きさ。袷(あわせ)仕立ての白絹を袋状に仕立てて被れるようにしたもので、角隠しは同じく袷仕立ての長方形の白絹を髪に留めつけられるようにしたもの。暑い季節には涼しげな生地で仕立てたものを用いることもある。

mone>>

文金高島田

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とは、花嫁が白無垢打掛を着る際の代表的な日本髪。未婚女性の代表的な髪型で、髷(まげ)を一回縛る島田髷の髷の根を上げて髷を高くし、額の方へ前に出した髪の結い方で、上品で優雅な髪型とされる。

mone>>

尾長

尾長(おなが)とは、和装での鬘の1種で、束ねた髪が後ろに長く下がるもの。『御台所(みだいどころ)』とも呼ばれる。大名のお姫様しか結うことが許されなかったと言われる高貴な髪形。

mone>>

[ 戻る ]

和装/髪型をショッピング検索

和装/髪型をサイト内検索

和装/髪型を外部検索