和装 > 小物

和装小物

和装の際に必要な小物で、抱帯(かかえおび)、懐剣(かいけん)、(かんざし)、(こうがい)、末広(すえひろ)、筥迫(はこせこ)などのこと。レンタルでは衣裳と別料金となっており高額な場合も多いので、事前に確認しておくとよい。

mone>>

懐剣

懐剣(かいけん)とは、打掛を着るとき帯にさす短剣のこと。懐剣は通常、白い布の袋に入っている。かつて武家に生まれた女性は護身用に短刀を所持していた。この習慣はやがてたしなみに近いものになり、婚礼の際には長刀(なぎなた)や短刀が嫁入り道具のひとつとなる。花嫁が武家に嫁ぐ際、武家の妻として恥じぬよう、「いざというときは、自分で自分の身を守る」の意味がある。

mone>>

抱帯

抱帯(かかえおび)とは、打掛を着たとき帯の下の位置に結ぶ細い帯のこと。掛下帯に付随したもの華やかな色柄の錦や縮緬、紋綸子などを素材とする。幅は約6~8cm、長さ約2m70cm程度の平ぐけ帯。掛下帯の上や、花嫁の色直しの丸帯の上に左後方で蝶々結びにする。

mone>>

紙入れ

打掛を着たとき、胸元のポイントとして襟の部分に挿すもの。ポケットがない着物の装いにおいては、身の回りの小物を持ち歩くために、懐に入れたり、腰に差す様々な種類の袋物が発達した。紙入れは、本来は懐紙を入れるために使われたもの。紙挟みとも呼ぶ。刺繍や房など豪華な装飾を施した女性用の紙入れを箱迫(はこせこ)と呼ぶ。

mone>>

末広

末広(すえひろ)とは、婚礼用の扇子のこと。先に向かって次第に広がっていく形状から、将来へ末広がりに幸福と繁栄が与えられるようにとの願いを込めて「末広」と名づけられた。寿恵広、寿栄広とも書く。

mone>>

筥迫

筥迫(はこせこ)とは、女性和装の正装、打掛を着る際の用いる小物入れ。胸元の合わせに差し込まれる箱状の装飾品で、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、羅紗(らしゃ)などの華やかな刺繍を施し、飾り房がついている。

mone>>

掛下帯

掛下帯(かけしたおび)とは、打掛の下に着る掛下振袖に結ぶ礼装用の帯のこと。一般的に振袖には丸帯が合わされるが、掛下には専用の「掛下帯」が用いられる。幅24~26cm、長さ4m~4m20cm程度と、一般の袋帯よりもやや細めで短い繻子総繍の丸帯で、締めやすいのが特徴。打掛姿を厳かに形よく見せるため、文庫結びにされることが多い。帯地は白綸子や白の唐織がよく使用される。現在では、花嫁衣装にのみ用いられるが、本来は江戸時代に、武家の女性が礼装用に用いていた帯。

mone>>

丸帯

丸帯(まるおび)とは、女帯の一種で、戦前までは最も格式の高い第一礼装用の帯とされていたが、現在ではほとんど廃れて、婚礼衣裳や舞妓の衣裳として用いられている。金、銀を織り込んだ豪華な文様で、広幅地と呼ばれる普通の帯の倍幅で織り、二つ折りにして帯芯を入れて仕立てる。そのため、表裏ともに文様があり、片方にのみ縫い目がある。

mone>>

和装下着

和装の下に着る下着のこと。長襦袢(ながじゅばん)、半襦袢(はんじゅばん)、肌着(肌襦袢)、替え衿(かええり)、腰巻き、裾よけ(すそよけ)、東スカート(あずまスカート)、ステテコ、和装ブラジャー、和装ショーツ、肌着と裾よけが一緒になった着物スリップなどがあり、好みや季節に応じて着こなす。男性用の和装下着には、V首のシャツやステテコなどがある。直接肌に触れる下着は自前で用意する必要がある。

mone>>

和装ブラジャー

和装ブラジャーとは、和装用の補正下着。着物を着る際には、胸、ウエスト、ヒップのラインは、極力フラットなシルエットのずん胴型の体型にすると、着姿をより美しく見せることができ、着崩れもしにくくなる。洋装と異なり、和装では胸を強調することは無く、胸を押さえないと老けて見えてしまう。

mone>>

[ 戻る ]

和装/小物をショッピング検索

和装/小物をサイト内検索

和装/小物を外部検索