結婚準備 > お日柄

六輝

六輝(ろっき)とは、暦に記載される暦注(れきちゅう)の一つで、先勝友引先負仏滅大安赤口の6種の日。物事を行う日取りを選ぶ吉凶を占うために用いられている。六輝は元々六曜(ろくよう)と言われていたが、主に七曜が利用されるようになったことから、これと区別するために六輝と言われるようになった。

六輝は、先勝友引先負仏滅大安赤口の順に繰り返し巡っていくもので、旧暦の月ごとの朔日(ついたち、1日)に配当が固定されており、月が変わるまで順に繰り返し、月が変わるとその月の決まっている配当となる。従って、旧暦では月日により六曜が決まることになり、旧暦の月と日の数字の和が6の倍数であれば大安となる。

六曜の歴史は、古代中国の春秋戦国時代に発祥したと言われる陰陽五行説が、室町時代に日本に伝来したものが起源。当時は1ヶ月(≒30日)を5等分して6日を一定の周期とし日にちを区別するもので、現在の七曜のように使われていた。当時は赤口以外の名称は現在と異なり、その名称・解釈・順序も少しずつ変遷してきた。江戸時代末期頃に現在の名称になり、吉凶を表すものとして民間の暦にひっそりと記載され始めた。明治時代になり吉凶付きの暦注は迷信であるとして政府に禁止された事が、逆に六曜の人気を高めることになり、第二次世界大戦後に爆発的流行に至る。

慶事や祝事には、大安友引が縁起が良いとされ、結婚式や結納に適した日取りである。最近は六輝をあまり気にしない人も多いが、大安などの吉日は人気が高く式場の予約も集中する。縁起が悪いとされる仏滅は比較的予約も取りやすく、料金が割引になるプランを設けている式場もある。

六輝主な読み方吉凶旧暦の基点
先勝せんしょう、さきがち午前中が吉。午前中から式を始めれば午後になっても可。1月・7月の朔日
友引ともびき昼を除いて朝・晩が吉。友を引くという意味で慶事には喜ばれ、大安の次に結婚式に適している。2月・8月の朔日
先負せんぷ、さきまけ午後からが吉。3月・8月の朔日
大安たいあん、だいあん大安吉日の終日万事最良の日。結婚式、結納などには最適。4月・9月の朔日
仏滅ぶつめつ終日凶とする説と、午前中は凶、午後からは仏滅明けとなり大安になる説がある。5月・11月の朔日
赤口しゃっくう、じゃっこう正午とその前後が吉。6月・12月の朔日


結婚準備 > お日柄
六輝  六曜  先勝  友引  先負  大安  仏滅  赤口

六輝をショッピング検索

六輝をサイト内検索

六輝を外部検索