和装 > 小物

丸帯

丸帯(まるおび)とは、女帯の一種で、戦前までは最も格式の高い第一礼装用の帯とされていたが、現在ではほとんど廃れて、婚礼衣裳や舞妓の衣裳として用いられている。金、銀を織り込んだ豪華な文様で、広幅地と呼ばれる普通の帯の倍幅で織り、二つ折りにして帯芯を入れて仕立てる。そのため、表裏ともに文様があり、片方にのみ縫い目がある。

一般的な丸帯の幅は約65cm~70cm、長さは約4m~4m50cm。柄は全面に文様付けされている全通なので、どのような結び方も可能だが、重くて硬いのであまり便利なものではなく、代わりに明治時代に袋帯が考案される。

丸帯をショッピング検索

丸帯をサイト内検索

丸帯を外部検索