挙式 > 神前式

三献の儀

三献の儀(さんこんのぎ)とは、神前式三三九度の杯の儀式のこと。さんけんのぎ、さんごんのぎとも読む。本来は出陣・帰陣・祝言などの際の献杯の礼を指す。打ちあわび、勝ち栗、昆布の三品を肴に酒を三度ずつ飲み干す。室町時代より武士の出陣・婚礼・式典・接待宴席などで重要な儀式とされた。とくに出陣での三献は三献目の盃を飲み乾した後、地面に打ち付けて割り、大将が鬨(とき)の声を挙げ陣営を鼓舞する。現在では、結婚式の三三九度のほか、正月や選挙の出陣式、端午の節句や七五三、祭りなどにて行われる。

三献の儀をショッピング検索

三献の儀をサイト内検索

三献の儀を外部検索