ウエディングドレス > シルエット

ローウエスト

ローウエスト(low-waist)とは、ローウエストライン(low-waistline)の略語。ウエストラインとは胴回りで一番細い部分のことを指し、ローウエストは人体のウエストよりも、洋服のウエストラインが低い位置で取られているデザイン、およびその部分を意味する。また、上衣とスカートの切り替え線がウエストよりも低いものもローウエストと呼ぶことがある。ローウエストロングトルソー(long torso)やヒップハング(hip hang)などと同じように腰の上辺りの位置。ローウエストの反対語はハイウエスト。

ローウエストのファッションで印象的なものは、1920年代に流行したファッション、ギャルソンヌルック(garconne look)は、フランス語のギャルソン(男の子)を女性形にした新語で、胸の平らなほっそりした直線的なシルエットのボーイッシュスタイル、アール・デコ・ファッション(art deco)は、直線や幾何学的な図表で構成された装飾芸術と結びついたモダンスタイルの平面的なドレス。60~70年代には、スカートやパンツを腰骨に引っ掛けるようにして腰周りで履く、ヒップハガースカート(hiphugger skirt)やヒップボーンパンツ(hip bone pants)などが流行した。最近また、この60~70年代のファッションが流行している。

ローウエストをショッピング検索

ローウエストをサイト内検索

ローウエストを外部検索