ウエディングドレス > スリーブライン

レッグ・オブ・マトンスリーブ

レッグ・オブ・マトンスリーブ(leg of mutton sleeve)とは、肩口部分だけ膨らみ、肘か上腕部の下で絞られて、手首に向かって細くタイトになっているデザインの長袖のこと。アームホール(肘付けの部分)に、ギャザーやタックを寄せて膨らみを付けて袖山を作る。また、半袖のパフスリーブに、腕にフィットしたタイトスリーブを繋げたものもある。

レッグ・オブ・マトンスリーブとは訳すると「羊の脚型の袖」で、袖のシルエットが羊の脚の形に似ていることが名前の由来。フランス語では、マンシュ・ア・ジゴ(Manche a Gigot)という。ジゴは羊の足、マンシュは袖の意。日本ではジゴ袖と呼ぶ。

レッグ・オブ・マトンスリーブの歴史は、中世に肩の部分に詰物をして高く膨らませた袖が起源。19世紀には1830年代と1990年代との2回大きな流行があったが、1990年後期以降は急速に衰退して行く。日本では1990年代のバブル期のウエディングドレスによく用いられたデザインの袖で、現在ではメイド服によく見られる。

レッグ・オブ・マトンスリーブをショッピング検索

レッグ・オブ・マトンスリーブをサイト内検索

レッグ・オブ・マトンスリーブを外部検索