挙式 > 海外挙式

リーガルウエディング

リーガルウエディング(legal wedding)とは、海外で現地の民法に則って結婚式を挙げること。リーガルとは「法的な、合法の」という意味。現地の役場に婚姻の記録が残り、法的な効力がある。国や州により法律が異なるため手続きも様々である。個人での手続きも可能だが、海外ウエディングプロデュース会社が手配代行してくれる。

日本から戸籍謄本を持参し、現地で提出用書類を記入して結婚証明書(マリッジライセンス:marriage license)をもらい、帰国後の入籍となる。婚姻の記録は結婚式を執り行った現地の役所に恒久的に保存され、日本の戸籍には「○○国方式により婚姻」という記録を残せる。

一方、教会でキリスト教の教義に則って行われ、未信者でも挙げられる結婚式のことをブレッシングウエディング(blessing wedding)という。この場合、現地での法的な効力は無い。事前に日本で入籍を済ませ、戸籍課で「婚姻受理証明書」を発行して持参する必要がある。

リーガルウエディングをショッピング検索

リーガルウエディングをサイト内検索

リーガルウエディングを外部検索