ジュエリー > カット

ラウンド・ブリリアントカット

ラウンド・ブリリアントカット(round brilliant cut)とは、宝石のカットの形状の一つで、最もスタンダードなダイヤモンドのカッティングスタイル。一般的な婚約指輪によく見られる形状。

切子のようにカットされたひとつひとつの面をファセットと呼び、宝石を上から見たときに中央から外側に向かって放射線に広がるようにファセットが配置されているものをブリリアントカットと呼ぶ。ブリリアントは「輝く」という意味があるが、宝石の輝きを引き出すためのカットであることからブリリアントカットと名付けられた。宝石を上から見た時のアウトラインのことをシェイプと呼び、アウトラインが丸いため、ラウンド・ブリリアントカットと呼ばれる。

ラウンド・ブリリアントカットは17世紀末ごろに発明された58面体のカットで、カットされたファセットから入った光を効率よく内部で反射させて輝きを強め、宝石の美しさを最大限に引き出すとされている。ダイヤモンドの品質を評価する基準の「4C」は、58面体のラウンド・ブリリアントカットのみが評価対象である。

ラウンド・ブリリアントカットをショッピング検索

ラウンド・ブリリアントカットをサイト内検索

ラウンド・ブリリアントカットを外部検索