男性衣裳 > デザイン

モーニングカット

モーニングカット(morning cut)とは、ズボンの裾のカットのひとつで、シルエットを美しく見せるために、甲からかかとにかけて後ろ斜め下にカットしたもの。前後の高低差は一般的に1.5~2cm程度。足が長く見える効果がある。主に礼装用のズボンに用いられるカット法だが、70年代に流行したベルボトムのジーンズにもよく見られた。

モーニングカットの語源は、モーニングコートのズボンがこの型となっていることが由来。正式にはアングルドボトム(angled bottom:角度をつけた裾の意)という。

モーニングカットをショッピング検索

モーニングカットをサイト内検索

モーニングカットを外部検索