ウエディングドレス > 素材

モアレ

モアレ(moire)とはフランス語で波紋・干渉縞という意味で、布地に表れる波型の模様のことで、杢目(もくめ)模様あるいは水模様という。生地の均一性を損なうために望ましくないものであるが、あえて意図的に美しい杢目模様を織り出す場合もある。シルクタフタなどのモアレ生地はウエディングドレスによく用いられる。

モアレが発生する原因は、織機の動作不良や、水分を含んだ生地を強く巻き取ったり、生地を重ねて圧迫したりするなどの劣悪な保存状態の時に生じる繊維の不規則性から現れたり、平行な繊維を複数重ね合わせることで発生する。生地表面にできた凹凸が見る角度により干渉縞を作り、光沢異常の原因となる。

モアレ加工は意図的に織物に波形模様をつけてモアレを発生させること。ローラーでプレスして波形をつける方法や、互いに畝があり密度が異なる複数の織物を、表地と裏地とで角度を付けて重ね合わせ加圧することで、干渉縞を作る方法などがある。

モアレという言葉の由来は、アンゴラ羊の毛織物製衣服を意味するアラビア語/ペルシャ語の "mukhayyar" が起源とされる。16世紀にはこのアンゴラ羊の毛織物を意味する英語として "mohair(モヘヤ)" がうまれ、フランス語では"mouaire"と変化する。17世紀に英語に逆輸入されて "moire" となったとされる。一方フランスでは、「波模様を発生させる」という意味の動詞 "moirer" に変化し、19世紀には形容詞の "moire" が派生した。英語では "moire" と "moire" は同義語として扱われている。

モアレは織物だけでなく、印刷物や画面上に規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた際に、互いの周期のずれにより起こる光学的干渉現象や、生じた干渉模様を指す言葉でもある。

モアレをショッピング検索

モアレをサイト内検索

モアレを外部検索