ジュエリー >

メレ

メレ(melee)とはダイヤモンドの大きさを表す言葉で、小粒のダイヤモンドのこと。一般的には0.2ct(カラット)未満のダイヤモンドを指すが、国際的にばらつきがあり、欧米では0.25ct以下、日本では0.18ct(1/6ct)以下をメレと呼ぶ場合も多い。

実情では0.02ct前後の小粒のダイヤモンドメレダイヤと呼んでいる。多くはセンターダイヤモンドの脇石としてメインを引き立てるために飾られる。他にもメレを複数敷き詰めたものをパヴェと呼び、リングの周りに一列にメレを並べたものをエターナルリングと呼ぶ。

メレはフランス語で「小粒石」を意味する。本来メレは「ごちゃごちゃに混ざった、混雑した」という意味があり、色々なサイズの小粒石ダイヤモンドが混ざったロットをメレと呼んでいた。また「混合物」を意味する「メランジ(melange)」というフランス語から由来して、メレよりも大きなサイズの混合ロットをメランジと呼んでいた。つまり、0.25ct以下の混合ロットを「メレ」、0.25ct以上の混合ロットを「メランジ」と分類していた。メランジは今でも混合ロットを意味する言葉だが、メレは混ざったという意味を失い、現在では小粒石ダイヤモンドのことを指す名称として使われている。

メレをショッピング検索

メレをサイト内検索

メレを外部検索