挙式 > 海外スタイル

メイド・オブ・オナー

花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことを、ブライズメイド(bride's maid)と呼び、その中でも一番花嫁と親しい、代表的な立場の女性がメイド・オブ・オナー(maid of honor)と呼ばれる。バージンロードで花嫁に先立って入場し、ブーケを持ったり、ベールやドレスの裾を整えたりと、花嫁の身の回りの世話をする介添え人の役割を果たす。

ブライズメイドメイド・オブ・オナーたちは、主に花嫁の友達、姉妹、親族の中から、花嫁と親しい未婚の女性が選ばれる。白以外のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に華を添え引き立てる。ドレスは新婦が用意してプレゼントする。一般的にブライズメイドは2~5名程度選ばれるが、人数が多いほどステイタスが高いとされる。

ブライズメイドは、結婚する花嫁を祝福する前祝いパーティのブライダルシャワーを企画する。ブライダルシャワーは一般的に結婚式の2ヶ月前から2週間前ぐらいに、レストランや花嫁・ブライズメイドの自宅などで行われる。参加者は伝統的に女性のみで、お茶やおしゃべりを楽しみながらお祝いし、花嫁が集まったプレゼントを順番に開けてゆく。

ブライズメイドと同じ役割の花婿の友人代表たちをグルームズマン(日本ではアッシャーと呼ぶ場合が多い)と呼び、ブライズメイドグルームズマンは人数を揃える。メイド・オブ・オナーに対して花婿側の代表をベストマンと呼ぶ。

ブライズメイドグルームズマンの習慣は、中世のヨーロッパが起源で、花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした伝統が由来とされる。

メイド・オブ・オナーをショッピング検索

メイド・オブ・オナーをサイト内検索

メイド・オブ・オナーを外部検索