男性衣裳 > その他

マーセライズ加工

マーセライズ加工(mercerization)とは、綿織編物にシルクのような光沢感と高級感を与える加工方法。この加工がされた綿(コットン)生地をマーセライズドコットン(mercerized cotton)と呼び、テイルコート燕尾服)用のベストなどに用いられる素材のひとつ。

マーセライズ加工は、綿糸や綿生地に張力を加えながら、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)溶液を含侵させた後、中和して乾かすことによって、シルクの様な光沢、風合いを出し、強度を持たせ毛玉になりにくし、色持ちのよさを与える加工法。

綿は比較的低い温度で強いアルカリに触れると大きく膨らむ性質がある。元々扁平な断面をした繊維は膨らむと円形に変形し、その時に糸あるいは生地に張力を加えると、繊維表面の平滑性が高まり光沢が増える。同時に収縮率が安定し、皺(しわ)や型崩れのしにくい防縮性を持つようになる。

マーセライズ加工の語源は、1844年にこの方法を発見したジョン・マーセラー(John Mercer)から名づけられた。シルケット加工とも呼ぶ。

マーセライズ加工をショッピング検索

マーセライズ加工をサイト内検索

マーセライズ加工を外部検索