ジュエリー > 地金

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドとは、純金に白色の貴金属を混ぜて合金にしたもの。通常の18金は75%が金で、残りの25%は銀と銅の合金だが、ホワイトゴールドは銀、銅の他にパラジウムやニッケルなどを混ぜる。日本では18金が一般的だが、欧米では14金(金の純度58.3%)が多い。ホワイトゴールドはK18WG、K14WGなどと表示される。

パラジウムは高価だがアレルギーを起こしにくく、逆にニッケルは安いが比較的アレルギーを起こしやすい性質があるので肌の弱い人は注意が必要。パラジウムが多いと柔らかい白に、ニッケルが多いと強い白になる。

多くの場合、表面にロジウムメッキが施されている。ロジウムメッキの利点は、地金の表面を保護して傷を付きにくくし、鏡面性に優れており、より白く輝かせることができる。中にはイエローゴールドにロジウムメッキを施しただけの粗悪品もあるので、安いものは気をつけたほうがよい。

ホワイトゴールドをショッピング検索

ホワイトゴールドをサイト内検索

ホワイトゴールドを外部検索