ブーケ > 種類

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー(preserved flower)とは、「保存された花」という意味。生花を瞬間冷凍し樹液の水分を抜き、代わりに着色料や保存料などを含んだプリザーブド溶液に浸し、数時間から数日間花の力によって液を吸わせる。溶液は天然色素やグリセリンなどオーガニックな素材が用いられることが多い。花の力により時間をかけて溶液を吸わせるので、着色と異なり自然な風合いが生まれる。青いバラなど自然界に存在しない色の花を造ることも可能。ドライフラワーと異なり発色が良く、生花に近い質感のまま保存ができる。

プリザーブドフラワーは1991年にフランスのベルモント(Vermont)社によって開発された。直射日光や湿度には弱いため保存に気をつける必要があるが、状態が良ければ数年間は保存が可能。水やりがいらないため日々の手入れが簡単なことも人気である。

最近は生花ではなくてプリザーブドフラワーで使ったブーケも人気。また生花のブーケを結婚式終了後に回収し花材に分解し、プリザーブド加工を施してから再度ミニブーケを作ってくれるサービスもある。

プリザーブドフラワーをショッピング検索

プリザーブドフラワーをサイト内検索

プリザーブドフラワーを外部検索